今週の地酒一覧
3月30日現在、大一酒場で扱っている地酒です。

東北泉 本醸造辛口 (山形)

澤屋まつもと  純米 (京都)

豊盃 ん 普通酒 (青森)

遊穂 山おろし純米 17年度醸造 (石川)

菊姫にごり酒 普通酒 (石川)

くどき上手生ばくれん 吟醸生 超辛口 (山形)

獺祭 純米吟醸 (山口)

一喜吊るし絞り 純米吟醸生 (千葉)

鳳凰美田雄町しずく絞り 純米吟醸 (栃木)


売り切れなどにより、更新前に入れ替えの場合がございますが、ご了承下さい。

新しく入荷したお酒は青字になっています。


「獺祭」は「だっさい」と読むのですが、「獺」が簡単に変換出てきませんでした。
部首入力で見つけた結果、「獺」は「かわうそ」だと分かりました。
「かわうそ」だと一発で変換できます。

以下、蔵元の旭酒造さんのHPから引用。

「弊社の所在地である獺越の地名の由来は「川上村に古い獺がいて、
 子供を化かして当村まで追越してきた」ので獺越と称するようになったといわれておりますが、
 この地名から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名しております。
 獺祭の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、
 詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします。」

なるほど~。
お酒の名前の由来って、調べてみるとなかなか面白いですね。
[PR]
by daiichi_sakaba | 2009-03-30 23:50 | お酒