「ほっ」と。キャンペーン
石川県「御祖(みおや)酒造」見学レポート
先週の日曜日、石川県の「御祖(みおや)酒造」さんにて、日本酒造りを見学させてもらいました!

c0188848_15322763.jpg


御祖酒造は、石川県の中能登町と羽咋市の境辺りにあります。
地元では、蔵にかいてあります「ほまれ」というお酒で有名な蔵です。
大一酒場では、「遊穂」が評判の蔵ですね。

c0188848_1532402.jpg


蔵の中の様子です。
杜氏さんと蔵人さんが洗米作業を行っています。
写真中央から、右にかけてが洗米機です。大きい!
大量の水と、空気の泡でお米を洗っていきます。
うーん、月の水道代はいくら位するのだろう、などと考えてしまいました。

c0188848_15325475.jpg


なんと、麹室に入れていただいて、麹を広げて乾かす作業をお手伝いしてきました!
麹室は、酒蔵の心臓部です。
麹菌を繁殖させる環境ゆえ、雑菌厳禁!!(雑菌が繁殖しやすい環境でもあるわけです)
通常は、杜氏さんや蔵人さん以外は出禁なのですよ~恐縮です。。。

こちらの蔵では、麹はすべて手造りで行っています。
杜氏さんと蔵人さん、合わせて4人という、小規模な蔵です。

c0188848_1533898.jpg


これが、完成した麹です。
お酒の造りは、ほぼ麹で決まるといっても過言ではないという、繊細な作業です。
出来上がった麹は、中まで麹菌がしっかり入って、さらさらとした感じです。
口にいれてみますと…ほんのり甘~く、美味。

c0188848_15332586.jpg


場所は変わって、醪(もろみ)を投入したタンクを見せてもらいました。
こちらは、6日目のタンク…だったと思います。
ぷちぷちという音が聞こえます。発酵が活発に行われているのですね~。
そして、フルーツのようないい香り!!
この状態をちょっと飲ませてもらいました。
まだ、ちょっとお米の粒がちょっと残っています。
アルコールはまだ10%くらい。
お上品な甘酒みたいですね~~。
これからも、まだまだ発酵は活発に続きていきます。

ちなみに、このタンクは「遊穂」の純米のタンクです。
12月半ばには、「しぼりたて」としてお店に登場するかな??楽しみですね!!

c0188848_15334092.jpg


写真右が杜氏の横道さん、中央は社長の藤田さんです。
至極丁寧に教えていただきました。ありがとうございます!!

御祖酒造の藤田社長の、酒造りの日々を綴ったブログがあります。
「遊穂とほまれと御祖(みおや)の日々」
彼女の素敵な人柄が垣間見える、楽しいブログです。
是非ご覧下さいませ~~。

御祖酒造さん、大変お世話になりました!
[PR]
by daiichi_sakaba | 2010-12-03 15:34 | つれづれ